貴州省

略 称:黔、貴
省 都:貴  陽
面 積:17.6万平方キロ
人 口:3,525万人
行政区画3地級市、3自治州、3地区、10県級市、66県、3特区、7市轄区  

<概要> 省の名称からして「貴い」と表現することに、この省の歴史的なものを感じる。山地が87%、丘陵が10%であることから、この省が農業には不適であることが分かるが、省都「貴陽」というのもまた「太陽が貴い」を意味するところで、厳しい自然・気候条件を思わせる。中国の国内で最も貧しいと言うのも、そこは産業が育つ要件が不足しているからと言うことに繋がるが、しかし「貴州・茅台酒」は世界的に知られた銘酒である。

 貴陽市の町並みは雑然としているが、目抜き通りはなかなかの都会風情である。ただ、交通管理はかなり鷹揚で、信号はあるが人も車も信号を無視した往来をする。高層ビルも建ち並び、商店街は賑やかで、その限りにおいては貧しさなど殆ど感じられない。

 貴州省に進出している日系企業は全省で22社に過ぎない。そのうち9割が貴陽市に集中しているのは、やはり地理的ハンディーキャップによるものであろう。しかし貴州市も大きく変わりつつあり、市内から南に車で20分ほど走ると整備された道路が続き、川沿いに新築のマンション群が現れる。いわゆる小河区と呼ばれる新区なのだが、外国人向けの瀟洒なヴィレッジも建設中で、ここで貴州に対するイメージは一変する。美しく豊かな貴陽の町ができあがる日もそう遠くない気がする。

 

詳細情報・関連データは直接お問い合わせ下さい。

(1)     地勢・気候

(2)     産業経済概要

(3)     産業育成方針  

(4)     外資受入方針  

(5)     投資環境 

(6)     代表的な観光地